むっちりした艷やかなエロバディを惜しげもなくサセコなJDは、見せ付けてくるような状態でした。
丸いEカップのオッパイが、揺れてしまうのがエロい。
やや濃い目の茶色の乳首も、硬く尖り続けていました。
彼女は白いパンツも脱いで足を広げる。
恥骨意外の毛は、丁寧に処理されているため、筋マンがよく見える状態でした。
マン汁で、テカテカと光るオマンコの魅力は半端なものではありません。
花紗美(かざみ)ちゃんのマン臭が漂ってくるような大迫力でした。
テレフォンセックスになれている彼女、僕のオナ指示で徹底的に興奮してくれます。
サセコって最高だな、そんなこと心の中でつぶやきながら、彼女のオナニーを見続けました。
「センズリ鑑賞させてもらえますか?」
花紗美ちゃんからのお願いが。
ここからは、相互オナニーに発展してオナニー鑑賞大会が始まって行きました。
勃起したチンコで、サセコな花紗美ちゃんの乱れ方は激しくなるばかり。
そのアヘ声に、僕の心も我慢ができない状態に。
何とかこらえて、彼女のアクメと同時に射精していけました!

 

 新型コロナの自粛生活が、やっと豊かなものになるって分りました。
同僚の水井から教えてもらったアプリ、Jメールやワクワクメール、PCMAXで安全にオナ友が探せるのです。
ちなみに、10日足らずで3人のライブオナニー相手探し成功しました。
3人とも、僕のセンズリ鑑賞が大好きになってくれているようです。
とっかえひっかえ、女の子をチェンジしては一緒にオナニーをする生活が始まりました!
緊急事態宣言も悪くない、ちょっとそんなこと考えていたりもして。
どうせ仕事もないのだから、セクスティングで思いっきり興奮と快楽を味わい続けてやる!
そんなこと真剣に考えてしまったりします。

 

 水井から、夜に連絡が入りました。
テレワークではなく、純粋に個人的な連絡です。
「なんだか上手くいってそうだな。スッキリした顔してるぜ」
「いや、素晴らしい方法を教えてもらっちゃってさ、現在は3人のオナ友と、オナ見せ楽しんでるんだ」
「俺も、これで性欲解消やっている。いろんな女の裸が見れるから、最高のおかずだぜ」
本当に彼の言う通り。
僕は3人で締め切るつもりはありません。
まだまだ沢山の女の子と知り合って、一緒に相互オナニーの快楽を分かち合っていきたいって思っています。

おすすめ定番サイト登録無料

無料で女性のオナニーを見たいなら!!