百貨店勤務のために、現在は緊急事態宣言で休業状態に追い込まれています。
これは、新型コロナによる感染拡大を防ぐためでした。
基本はテレワークのみの自宅待機。
販売員がするテレワークは、ほとんどないに等しいものでした。
完全に自粛で手持ち無沙汰になってしまっている状態でした。
恋人もいないためセックスもできない。
僕は、風俗に出かけたりナンパをして、肉体関係をしていたのですが、病気感染が怖いためそちらもできない。
八方塞がりの状態になってしまっていたのです。

 

 退屈と性的な不満を解消するために、ライブチャットに挑戦してみました。
こちらは、無修正でチャットエッチが可能なDXLIVEというサービス。
魅力的な女の子が在籍していて、男の入室を待っていました。
ムラムラ始めてしまい、エロチャットに突入していくことになりました。

 

 素晴らしい世界だったのは言うまでもありません。
女の子にオナ指示を出すだけではない。
リモチャで相手を感じさせたり、センズリ鑑賞までさせられる場所でした。
しかし、当然課金が膨らんでしまう。
気が付けば3万円ほど、つぎ込んでいることに気が付いてしまいました。

 

 給料は100%補償されているとはいえ、もともとが低賃金。
次回の利用は、全く不透明な状態。
なんだか、さらに欲求不満になってしまったような感覚でした。

 

 稀にあるテレワーク終了後、同僚と暇潰しのお喋りをしていたときのことです。
ライブチャットと同じことが、完全無料で出来ると言われてしまったのです。
不満な状態だし、暇だし、一気に興味を持ってしまいました。
ネットで知り合った女の子とライブオナニーに励む。
女の子も自粛で性的不満を強めているから、テレフォンセックスに持ち込みやすいそうです。
期待感が、半端じゃなく持ち上がりまくって行きました。

おすすめ定番サイト登録無料

無料で女性のオナニーを見たいなら!!